しこうかんblog ∞ わだばゴッホになるっ!

■ 所在地 〒030-0813 青森県青森市松原2丁目1番2号
■ 電話 017−777−4567
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
10/26・27は「東北文化の日」

10/26()、27()は「東北文化の日」です。

 

「東北文化の日」とは、

 東北圏域の特色ある文化資源の情報を一体的に発信することを目的に,東北6県と仙台市との連携により,平成22年度から「東北文化の日」事業を推進しています。
 毎年、10月最終土曜日及びその翌日を「東北文化の日」とし,11月最終日曜日までの約1か月間を中心に東北各県の参加施設等において,無料(割引)展示,無料イベント等の事業を実施し,交流人口の増加を目指しています。

青森県庁東北文化の日ページより

当館では、有料入館者の方に記念品をプレゼントいたします。

 

ただいま当館では、秋の展示「志功とチヤ」を開催中です。

(12月8日まで。)

 

秋の展示チラシ

 

その日の食事にも困るほどの貧乏暮らしだった結婚当初から、

国際展で数々の賞をもらい文化勲章を受章した晩年まで、

志功さんを仕事に専念させるため、

チヤさんは生活、制作どちらも傍らで支え続けました。

志功さんとチヤさんの軌跡や仲睦まじさに注目した作品や

資料を展示しています。

どうぞ棟方志功記念館ならではの展示をご覧ください。

展示室

秋の展示「志功とチヤ」

9月13日、今年の命日も晴天でした。

命日の墓参り

 

ヒマワリに囲まれて、志功さんの満面の笑みが浮かびます。

ご遺族、一般参列の方、マスコミの方、ありがとうございました。

無料開館日の記念館も多くの人でにぎわっていました^^

 

志功さんとチヤ夫人は一緒のお墓で眠っています。

右のお墓では長男の巴里爾(ぱりじ)さんが眠っています。

志功さんとチヤさんが静かに眠っている「静眠碑」の

(碑は玉偏にした創作文字)

後ろの壁面には≪不盡(ふじん)の柵≫のブロンズが。

志功さんのお墓

 

秋の展示では、この≪不盡の柵≫も展示しますよ。

 

秋の展示「志功とチヤ」

令和元年9月25日(水)〜12月8日(日)

 

秋の展示チラシ

秋の展示チラシ

 

「昭和5年、わたくしは、チヤコと一緒になりました。

(中略)しみじみの想いというか、わたくしの足りないものを

持って来てくれたチヤコであったのでした。」


昭和5年、棟方志功と赤城チヤは善知鳥神社の神前で結婚を

誓います。その日の食事にも困るほどの貧乏暮らしだった

結婚当初から、国際展で数々の賞をもらい文化勲章を受章した

晩年まで、志功を仕事に専念させるためチヤはいつも傍らで

支え続けました。チヤの内助への感謝は志功の作品中にも表れます。

 

志功とチヤの軌跡や仲睦まじさが窺える作品をご覧ください。
 

9/13は棟方志功画伯命日につき無料開館日

前回の投稿がねぶた開幕します投稿…随分と時が経ちました。

台風のせいか急に暑い日もありますが、もう9月です!

 

来週、9月13日は棟方志功画伯の命日です。

当館では毎年9月13日、志功さんを偲び無料開館日としています。

9月23日(月・祝)まで開催中の夏の展示も残り僅かとなりました。

この機会にぜひ皆様でお越しくださいませ( ˘ω˘ ) 

 

夏の展示チラシ表

 

また、当館では9月13日当日は三内霊園へ行き墓参りをしています。

 

2018命日

(写真は一昨年の命日のもの)

 

18歳でゴッホにのヒマワリに出合い「わだばゴッホになる」と決意し

22歳で油絵画家を目指して上京。

目指していた帝展入選を4年も逃すうちに

油絵の在り方に疑問を持つようになり、版画の道へと進みます。

独自の表現の確立、民藝運動の指導者らとの出会い、版画から板画へ

疎開、国際美術展での2年連続グランプリ受賞…。

板画家として世界的に有名になった棟方志功は昭和34年

フランスを訪れ、念願叶ってゴッホの墓を詣でます。

そして自身の墓もゴッホと同じようにしたいと思い続け、昭和49年

ゴッホの墓を模した墓「静眠碑」を作りました。
             (碑は玉偏にした創作文字)
静眠碑(せいみんひ)とは「静かに眠っている場所」という意味。
墓の後ろには壁面を建て、‘驚異モ 歓喜モ マシテ悲愛ヲ盡シ得ズ’
と刻んだ≪不盡(ふじん)の柵≫のブロンズがはめ込まれています。
 

ブロンズ

 

命日には、志功さんが好きだった花、ヒマワリを供え
愛聴したベートーベンの交響曲第9番を流しながら焼香を行います。

NEW GOODS 手拭 双鯉!!

青森ねぶた祭が開幕します\(^ ^)/

 

今日日中の気温は34.5度まで上昇!青森なのに暑い…

去年のねぶた時期の最高気温はというと、

2日31.4度、3日31.0度、4日24.6度、5日22.3度、6日21.4度

7日23.8度・・・

雨も降って寒かったなぁという記憶が。。

ねぶたは夜冷え込んでくるものと思っていましたが (´`)

今年のねぶたは暑くなりそうですね!!!!

 

そんな暑い夜に、涼しげな手拭はいかがでしょうか( ^_^)

 

手拭 双鯉

手拭 双鯉 864円

W360mm×H900mm 注染 綿100% 日本製

 

現在開催中の夏の展示でも多く描かれている、

鷹と並び棟方が得意とした「鯉」が躍る図柄です。

 

こちらは複製品販売のページでもご購入いただけます。

 

また、皆様からのご要望にお応えして、

一部ポストカードのばら売りを始めました(0^^)0

ばら売りポストカード

夏の展示で大注目の「鷹」が描かれたものが人気急上昇中です!

このほか中央の《天地救世の柵》(てんちぐぜのさく)は残り僅か。

※8月8日に売り切れとなりました。ありがとうございます。

ばら売りのポストカードは在庫限りになっています。

 

青森観光にねぶた祭、青森のめずらしく暑い夏にお出での皆様

棟方志功記念館にもぜひお越しくださいね^▽^

インスタグラム始めました。

棟方志功記念館、インスタグラム始めました。

 

インスタグラム

 

棟方志功記念館

munakatashiko_k

 

 

展示室内の【棟方作品の撮影】解禁に伴い、インスタも始動しました!

棟方志功の新たな魅力発見につながるよう

すでに運用しているTwitter、Facebookページとは一味違う

インスタ映えな写真が撮れればなぁと、思っています^^;

これからどうぞよろしくお願いいたします。