しこうかんblog ∞ わだばゴッホになるっ!

■ 所在地 〒030-0813 青森県青森市松原2丁目1番2号
■ 電話 017−777−4567
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
棟方と鹿内辰五郎と神鷹

春の展示「海と山−故郷と旅−」の会期が

当初の6/14(日)から7/5(日)に延長となりましたので

引き続き春の展示をお楽しみいただけます。

 

さて、棟方の故郷・青森市の山といえば、八甲田山系。

 

八甲田連山図

今回の展示では《八甲田連山図》が3点並んでいますが

左の《八甲田連山図C》には

棟方が揮毫した鹿内辰五郎顕彰碑も描かれています。

 

鹿内辰五郎顕彰碑

「山仙 鹿内辰五郎頌碑」と書かれたこの石碑は

棟方が心を開いた友人で仙人とも呼ばれた酸ヶ湯の山案内人

鹿内辰五郎の顕彰碑です。

昔、酸ヶ湯温泉に「鹿内仙人」と呼ばれる、胸にバッジをつけた山案内人が居り、仙人は13才の時から20キロ余の山道を歩いて荷物を運搬したり、湯治客の山の案内をしていました。バス発着の度毎にラッパを吹いて乗客を歓送迎したり、八甲田山の遭難救助等では数多くの功績があり、1961年には黄綬褒章を受章しました。

酸ヶ湯温泉旅館webサイトより

地獄沼

「山仙 鹿内辰五郎頌碑」は、酸ヶ湯温泉から少し上がった

酸ヶ湯公共駐車場から300m、地獄沼のほとりにあります。

 

鹿内辰五郎顕彰碑

地獄沼を正面にして左側、緑に囲まれた場所に建てられています。

 

鹿内辰五郎顕彰碑

石碑の上部には、

鹿内辰五郎が吹くと鷹がやってきたといわれる笛や、
バス到着時に出迎えて鳴らしたラッパなどが描かれています。

 

八甲田、棟方、鹿内辰五郎といえば、

神鷹のエピソードが語られています。

 

昭和4年夏、八甲田大岳を鹿内仙人らと登っていた棟方は、

仙人岱の清水付近で一羽の鷹を見ます。

両翼に円い紋様のある鷹を見て鹿内仙人は

「このような鷹は初めて見た、これこそは神鷹だ。

お前さんは世界一偉くなるぞ」と告げ、

喜んだ棟方は以降、鷹の絵を好んで描いています。

倭画《八甲田山神鷹図》

倭画《八甲田山神鷹図》

 

春の展示「海と山−故郷と旅−」では、

青森県にある海と山のほかにも富山、茨城、岩手、栃木、

東海道、信州など日本各地の海と山が展示されています。

訪れたことがある場所が描かれていると、感慨もひとしおですよね。

当館からねぶた運行コースまでの行き方

気づけば7月も終わりを迎えようとしていることに驚き、

ということは、ねぶた直前!!と驚き、

夏の展示告知からブログを更新していないことに驚いています( .. )

 

棟方志功記念館

ゲリラ豪雨が続いた日もありましたが、雨は目立って降っていません。

梅雨明けは未だ発表されていませんが、

青森も連日30度超えの真夏日が続くようになりました(:-))| ̄|_

 

オモダカハマナス

志功さんが初めて美を意識したオモダカは可憐な白い花を咲かせ

ハマナスの赤い実は日ごとに熟しています。

 

当館は夏の展示期間中無休開館しております。

開館は9:00、閉館は17:00です。

(最終入館時間はありません)

 

さて!青森市では毎年8月2日〜7日まで、青森ねぶた祭が開催されます!

ねぶたの運行時間は19:10〜21:00

ここで、「棟方志功記念館」から「ねぶた運行コース」内で

最も近い地点までの行き方をご紹介します^^

 

当館から「ねぶた運行コース」までは、徒歩で行ける距離です(^_^)

海手へ進んで国道まで出れば、あとは人の多さと警備で分かります!

青森市民は道路渋滞を避けて、記念館より遠くから歩く人もいますよ。

         おんたかたかたか

夏の展示「御鷹々々−息づく生命」をご観覧後は

ねぶた出陣を前にじゃわめぐ青森市中心部に向かい

国道沿い、本町、新町通り、どのポイントで見るのか?!

あずましく見るか?!すべてのポイントをうぬうぬど回るか!?

市内が一番にぎわう祭り、志功さんも跳ねに帰ってくるほど大好きな

青森ねぶた祭をこころゆくまでお楽しみください(^▽^)

棟方志功クイズはじめました。

☆.。.:* 棟方志功クイズはじめました .。.:*☆

 

ご来館の皆さまに棟方志功作品をより興味深く鑑賞していただけるよう

鑑賞の手助けにもなるクイズを作成しました。

棟方志功クイズ

 

春の展示

「生む・染(し)む・共鳴する 棟方志功のことば」

を鑑賞しながら棟方志功に関わる問題に答えるクイズになっています。

 

初級  〜小学校低学年向け。
 展示作品を見て答えを探します。
中級  展示作品や年表などを見て問題を解きます。
上級

 展示作品や年表、作品解説などをくまなく見て問題を解きます。
 +(棟方志功以外の)知識があると早く解けます。

 

こちら問題を読めば答えられる、というクイズにはなっておりません!

解くにはお時間を要すると思います。ので、

お時間の許す限りお楽しみいただきたいです。

 

景品類はございませんm(__)m

 

早速アンケートにてご感想をいただきました。

「クイズもとても親しみやすく、作品としっかり向き合う事が

出来ました。難しかったですが、楽しく取り組めました。」

(感;エ;激)

願ったとおりにクイズが働いてくれてよかった!

※Wordの操作ミスについてもご指摘くださりありがとうございました。

 即日修正いたしました。

 

クイズは展示室内に設置しています。

バインダーと鉛筆は使用後ご返却ください。

展示ケースやピアノには紙を当てて書かないでください。

 

解説付きの解答は、ミュージアムグッズの棚付近にご用意しています。

 

展示室への出入りは自由ですので、

解答&解説を読みながら、もう一度作品を見に行くなど

この展示クイズをきっかけに

棟方志功の世界を再発見していただけたなら幸いです。

 

皆さまの挑戦をお待ちしております(╹◡╹)

最寄りバス停からのルート案内

皆さま当館へお越しの際はどの交通機関を利用していますか?

 

当館への交通のご案内はサイト上でもお知らせしていますが

「最寄りバス停から遠い」という声を耳にしましたので…

今回はより詳しく、バス停から当館までのルートをご紹介します^^

 

当館までの往復ルートを記した地図をご用意しました∠(・_・)

右上の□をクリックすると拡大地図が表示されます。

 

地図説明

 

左側に表示されているメニューの、黄色くマーカーを引いた部分

先頭に、3つの〇が線でつながっているマークのある行をクリックすると

4色のルートが表示されます。

 

●【往路】「棟方志功記念館通り」〜棟方志功記念館

青森市営バス「棟方志功記念館通り」バス停から当館へのルート。

バスで通ってきた方向へ歩き、横断歩道を渡って直進で着きます。

「棟方志功記念館通り」〜棟方志功記念館

●【復路】棟方志功記念館〜「棟方志功記念館通り」

当館から青森市営バス「棟方志功記念館通り」バス停へのルート。

当館の反対車線に渡り、コンビニを左折します。

棟方志功記念館〜「棟方志功記念館通り」

約300m。徒歩約4分。

・青森駅から乗る場合は、東口市営バス3番のりば

 時刻表に「中筒井」または「棟方志功記念館通り」とあるバスに

 ご乗車してください。

 

●【往路】「堤橋」〜 棟方志功記念館

青森市営バス「堤橋」バス停から当館へのルート。

●【復路】棟方志功記念館〜「堤橋」

当館から青森市営バス「堤橋」バス停へのルート。

約700m。徒歩約10分。

・青森駅から乗る場合は、東口市営バス2番のりば

 時刻表に「東部営業所」とあるバスにご乗車ください。

・新青森駅から乗る場合は、南口市営バス1番のりば

 「東部営業所」または「県立中央病院前」行きへご乗車ください。

 

行きと帰りはバス停の車線が同一ではありません。

市営バスは、後ろから乗って、前から降ります。

青森県では電車、バスなどの交通機関でSuicaは使用できません×

ご注意くださいませ(´_`)

 

また、本数は減りますが、新青森駅、青森駅から1本でお越しいただける

あおもりシャトルdeルートバス「ねぶたん号」もございます。

(http://www.aomori-kanko-bus.co.jp/topics.html)

青森市内の主要観光施設を循環しているので、三内丸山遺跡、

県立美術館、アスパム、県立郷土館などで降りることができます。

料金は1回乗車200円(小学生 100円、未就学児童は無料)

 

当館向かいのバス停が降車専用。

 

ねぶたん号 降車側

 

門を出て左は乗車専用です。

ねぶたん号 乗車側

 

 

当館からお帰りの際に何かご不明な点がございましたら

受付スタッフまでご遠慮なくお申し付けください。

どうぞ青森観光をお楽しみくださいませ(^_^)ノ

謹賀新年

2019亥年

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

鏡餅生け花

 

皆さま年末年始はいかがお過ごしでしたか?

年末寒波、なんてテレビで騒いでいましたが

帰省など移動に影響の出た方も大勢いらっしゃると思います。

青森は年末寒波かは知りませんが吹雪、吹雪でした。積もりました〜

当館外観

当館では毎年元日より開館していますが、今年の正月三が日も

お足元の悪い中お越しいただきありがとうございました。

おかげさまで新春くじは好評のうちに終了いたしました✧˖°

 

今日は久しぶりに日ざしの差し込む明るい空です(´。•ㅅ•。`)

当館は除雪をお願いしているので雪にズブズブ埋まることはないですが

道路脇にはこのように大きな雪山が。冬の風物詩ですね。

当館前の道路

道中の除雪が追い付いていない場合、歩道がなかったり道路が狭かったり

滑るし足を取られるし徒歩、車ともに移動が困難になります(´_ _`)

雪がなければ車で10分の道も、道路状況によっては30分以上に。。。

寒波だから対策を〜といわず、

青森は寒いし!吹雪きます!ので

防寒・雪対策を万全にして時間に余裕をもった行動で

冬の青森観光を楽しんでくださいね(o^▽^o)

青森の皆さんはあと2〜3か月、雪に負けずがんばりましょう(´_`)