しこうかんblog ∞ わだばゴッホになるっ!

■ 所在地 〒030-0813 青森県青森市松原2丁目1番2号
■ 電話 017−777−4567
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「夢に挑む 洋画をめぐる画家たちの冒険 〜明治・大正・昭和 日本と青森の近代洋画史〜」 | main | 東北文化の日・文化の日 >>
わだばゴッホになる!
太陽花シリーズ

【秋の展示】ここからはじまった−志功の原点・油絵
好評開催中です!!楽しい

板画家として世界的に有名な志功さんの記念館で油絵メインの展示
わだばゴッホになる!の有名な言葉があるように
油絵が原点とはいえ訪れた皆様のご期待に添えなかったらどうしよう…
始まる前や始まってからも不安はありましたが
アンケートや受付に届く声には
「油絵をみることが出来るとは思っていなかったので大満足!」女
と油絵でもご満足いただけているようで一安心たらーっ
板画≪弁財天妃の柵≫など人気のある美人大首絵や
八甲田や鷹を描いた倭画も展示していますよもみじ

今回の油絵の展示では志功さんが実際に使っていた大きなイーゼルの他、
(通常、当館の展示作品は全てケースに入っているので
 今回は珍しく作品を間近で見られます)
展示室
パレットや絵具、筆洗器などの油彩道具も展示していますアート
油彩道具

初期と晩年の油絵
また、初期の暗めの色彩の大作から
二度筆をせず、鮮やかな原色使いで描いた晩年まで。
32点もの油絵を見ることができます日の出
各年代の山をモチーフにした油絵の比較や
倭画、リトグラフ、油絵で描いたバラ作品などもご注目ください見る

なお、先日お伝えした青森県立美術館との相互割引。
普段は記念館の観覧チケット持参県美の常設展が団体料金にて
観覧できますが、今回は県美も油絵の企画展をしているということで
常設展だけでなく企画展も相互割引の対象になっていますおてんき

今年の秋は志功さんの油絵をたっぷり楽しんでくださいね楽しいぴかぴかムード
Trackback URL
http://blog.munakatashiko-museum.jp/trackback/218
TRACKBACK