しこうかんblog ∞ わだばゴッホになるっ!

■ 所在地 〒030-0813 青森県青森市松原2丁目1番2号
■ 電話 017−777−4567
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 美術陶額「胸肩妃神」 | main | ヤマザキマリの棟方志功「縁(えにし)」たずねて >>
棟方志功展「わだば、ゴッホになる。」
北海道立近代美術館にて、
STV創立60周年・STVラジオ開局55周年記念
棟方志功展「わだば、ゴッホになる。」
が、
2月3日(土)〜3月25日(日)まで開催されます。
棟方志功展「わだば、ゴッホになる」
本展覧会では、北海道を題材にした作品や
北海道初展示となる作品も含み、
棟方志功がゴッホを目指していた青年期から、
数々の代表作を生み出した壮年期、
そして、故郷回帰とも言うべき晩年までの
板画、倭画、油絵、書などを展示いたします。
世界のムナカタの自在な発想と幅広い画業を
是非お楽しみください。
展覧会公式ホームページより一部抜粋

展示作品数は74作品、約350点!!
すべて当館の収蔵作品で構成されています。
全長17mのねぶた絵巻、倭画《禰舞多運行連々絵巻》
展覧会出品板画としては遺作となる《捨身飼虎の柵》などの
北海道初、札幌初展示作品もありますよ桜
他に、棟方最大の板画《大世界の柵》(作品サイズ約175×128)や
北海道にゆかりがある作品など大迫力の展示となっています。
しかも釈迦十大弟子の板木が触れちゃうんですびっくり(やさしくどうぞ)
志功さんの大ファンだという漫画家・ヤマザキマリさんが
ナビゲーターをつとめるだけでなく、音声ガイドやコラボグッズまで!
特設グッズショップでは展示オリジナルグッズもたくさんあります。
今ならさっぽろ雪まつりも開催しているので冬の札幌がアツいです温泉


北海道立近代美術館
2月3日(土)〜3月25日(日)
一般/1,300(1,100)円
高大生/800(600)円
中学生/600(400)円
小学生以下無料
※( )内は、前売料金及び10名以上の団体、リピーター割引料金
開館時間/9:30〜17:00(最終入場16:30まで)
休館日/毎週月曜(ただし2月12日(月)は開館)、2月13日(火)休館
展覧会公式ホームページ http://www.stv.jp/event/munakata/index.html
北海道立近代美術館 http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/knb/
Trackback URL
http://blog.munakatashiko-museum.jp/trackback/227
TRACKBACK