しこうかんblog ∞ わだばゴッホになるっ!

■ 所在地 〒030-0813 青森県青森市松原2丁目1番2号
■ 電話 017−777−4567
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 平成30年度賛助会員募集のお知らせ | main | 春の展示もあと1か月 >>
仏様の世界は広大無辺

春の展示「広大無辺な仏様の世界」好評開催中です桜

 

春の展示

春の展示

今回の展示のメインは、横約10mもある板画《東北経鬼門譜》

板木120枚を使用した戦前では最大の棟方作品であり、

生涯でみても横約13mの板画《大世界の柵》に次ぐ大きさなんですプシュープシュー

 

板画《東北経鬼門譜》

限界まで引いても収まりませんでしたカメラたらーっ

この作品は詩人・佐藤一英の詩「鬼門」に触発されて生まれました。

東北の飢饉の悲惨な有様を詠った詩を読んだ棟方は、

苦難の地である故郷青森を、仏の力を借りて幸せにしたい

という願いを込めて制作します。

 

板画《東北経鬼門譜》

中央の鬼門仏は自らの身体を真二つに割るという犠牲を払い

もろもろの悪霊を通していくという意図で制作されました。

ですので当時棟方は六曲一双屏風に仕立て

鬼門仏を左隻と右隻にまたがって配置しました。

 

当館蔵の作品はパネル仕立てですが、

真ん中を境に顔がずれているのが分かります。

板木の段階で真二つに割れるよう構成されているからです。

 

このように、棟方の祈りが込められた仏様の作品もあれば、

ただ華やかで厳かなものを摺り上げたい、と

哲理よりも経文に現れる仏の姿にひかれ制作した板画《華厳譜》や、

板画《華厳譜》

額の上に星がついた女人像など、仏様の世界は広大無辺です!!

 

お天気が崩れる予報のゴールデンウィーク後半おてんきくもりあめ

美術鑑賞に出かけてみるというのはどうでしょう楽しい

Trackback URL
http://blog.munakatashiko-museum.jp/trackback/232
TRACKBACK