しこうかんblog ∞ わだばゴッホになるっ!

■ 所在地 〒030-0813 青森県青森市松原2丁目1番2号
■ 電話 017−777−4567
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 春の展示もあと1か月 | main | ねぶた期間のご観覧でうちわをプレゼント >>
夏の展示「沢瀉の風−故郷の土に生まれ、還る」

棟方が初めて美というものを意識することになった沢瀉(オモダカ)。

今年も館長が愛情いっぱいに水やりをして育てています。

 

[5月14日撮影]

オモダカ

[6月5日撮影]

オモダカ

ぐんぐん伸びてたくさん生長しました。

特徴的なハサミのような三叉の葉も分かるように。

夏の展示の頃には可憐な白い花を咲かせますよ。

 

そうなんです。もう夏の展示の告知をする時期になりました。

県内は11日に梅雨入り。東北北部では去年より20日早いそう。

気が早いですが、梅雨が明ければ夏ですね!

夏の展示「沢瀉の風−故郷の土に生まれ、還る」

が始まります。

6月19日(火)〜 9月17日(月)

 

夏の展示チラシ表 夏の展示チラシ裏

 

「あおもりは かなしかりけり かそけくも 田沼に渡る 沢瀉の風」

という棟方志功自作の歌があります。

故郷を離れて思い起こす風景の何と愛おしいことか。

初夏の心地よい風が吹きすぎる情景は

何物にも代えがたい故郷の思い出でした。


棟方は1924年21歳のとき帝展入選を目指して上京しました。

上京したばかりの頃は青森という地から出てきたこと、

その地の鍛冶屋の三男であること、また容易には抜けない方言などに

引け目を感じていたかも知れません。
しかし、生涯の師と敬う柳宗悦と出会ってからは、

職人の仕事というのは立派な仕事だと知らされ、方言も文化だと知り、

逆にそれらが誇れることだと考えるようになったのではないでしょうか。


以来、誰はばかることなく故郷への愛を語るようになり、

また同時に、このような自身を育んだ故郷の風土に対しての

敬意感謝が生まれたものと思います。


夏の展示では棟方の心の拠り所である

故郷への想いを描いた作品を紹介いたします。

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

Trackback URL
http://blog.munakatashiko-museum.jp/trackback/234
TRACKBACK