しこうかんblog ∞ わだばゴッホになるっ!

■ 所在地 〒030-0813 青森県青森市松原2丁目1番2号
■ 電話 017−777−4567
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 最寄りバス停からのルート案内 | main |
制作の原動力にもなっていた「音楽」

インフルエンザが全国的に流行していますが皆様お元気ですか。

青森市は8日(金)からぐっと冷え込むようで…

最高気温も氷点下の真冬日が続く予報です((´`))

そんな寒さ厳しい3連休最終日11日も当館は元気に開館いたします^^

 

現在開催中の展示は、冬の展示「ヨロコビノウタ」

「音楽というものと美術との関係は、わたくしはきりはなせない、

お互いむすび合う世界だと思っています」と語る棟方にとって

音楽の旋律とリズムは制作の原動力でもありました。

 

「青森ねぶた図」「御山参詣人図」

毎年のように夏に帰省しては参加した大好きなねぶた祭りのお囃子や、

当館ロビーで上映している映画「「彫る」棟方志功の世界」でも

♪サ〜イギ サーイギ ドッコーイ サ〜イギ…と口ずさむ

津軽地方で行われる五穀豊穣祈願の行事、お山参詣のお囃子

 

「津軽三味線の柵」など

同じく映像の中で口ずさんでいる、嫁いびりをうたった津軽民謡

「弥三郎節」をテーマにした作品や、揮毫した三味線

 

「歓喜自板像・第九としてもの柵」関連作品展示

そして、冬の展示ポスター作品の「歓喜自板像・第九としてもの柵」

数々の大切なものに囲まれ幸せに満ちた自画像ですが、

この作品の関連作品を展示しているのがこちらのコーナー( ╹ ◡ ╹ )

 

河井寛次郎や濱田庄司の陶器、柳宗悦の心偈が書かれた軸、

池大雅の水墨画に棟方が愛用した茶碗や彫刻刀など

受付でいつも配布している作品解説とは別に、

「歓喜自板像・第九としてもの柵」関連展示作品解説もご用意しました♪

作品に込められた想い、なぜそれが描かれているのかなどなど

発見する、知る、つながる楽しみがあると思いますƪ(ˆ◡ˆ)ʃƪ(ˆ◡ˆ)ʃ

どうぞごゆっくりご鑑賞くださいませ。

 

このほか、愛聴したベートーベンのレコードや、

ジャケットを手がけたレコードの板画や板木もあわせて展示中˒˒♪♬

楽器や音楽を主題にとった作品の展示だけでなく、そういった資料も

展示しているので、より 棟方志功 が感じられると思います(・д・´*)

 

雨だったり雪だったり吹雪いたり、外に出るのも億劫ですが

ぜひ、棟方志功記念館に遊びに来てくださいね!

Trackback URL
http://blog.munakatashiko-museum.jp/trackback/248
TRACKBACK