しこうかんblog ∞ わだばゴッホになるっ!

■ 所在地 〒030-0813 青森県青森市松原2丁目1番2号
■ 電話 017−777−4567
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 9/13は棟方志功画伯命日につき無料開館日 | main | 10/26・27は「東北文化の日」 >>
秋の展示「志功とチヤ」

9月13日、今年の命日も晴天でした。

命日の墓参り

 

ヒマワリに囲まれて、志功さんの満面の笑みが浮かびます。

ご遺族、一般参列の方、マスコミの方、ありがとうございました。

無料開館日の記念館も多くの人でにぎわっていました^^

 

志功さんとチヤ夫人は一緒のお墓で眠っています。

右のお墓では長男の巴里爾(ぱりじ)さんが眠っています。

志功さんとチヤさんが静かに眠っている「静眠碑」の

(碑は玉偏にした創作文字)

後ろの壁面には≪不盡(ふじん)の柵≫のブロンズが。

志功さんのお墓

 

秋の展示では、この≪不盡の柵≫も展示しますよ。

 

秋の展示「志功とチヤ」

令和元年9月25日(水)〜12月8日(日)

 

秋の展示チラシ

秋の展示チラシ

 

「昭和5年、わたくしは、チヤコと一緒になりました。

(中略)しみじみの想いというか、わたくしの足りないものを

持って来てくれたチヤコであったのでした。」


昭和5年、棟方志功と赤城チヤは善知鳥神社の神前で結婚を

誓います。その日の食事にも困るほどの貧乏暮らしだった

結婚当初から、国際展で数々の賞をもらい文化勲章を受章した

晩年まで、志功を仕事に専念させるためチヤはいつも傍らで

支え続けました。チヤの内助への感謝は志功の作品中にも表れます。

 

志功とチヤの軌跡や仲睦まじさが窺える作品をご覧ください。
 

Trackback URL
http://blog.munakatashiko-museum.jp/trackback/261
TRACKBACK