しこうかんblog ∞ わだばゴッホになるっ!

■ 所在地 〒030-0813 青森県青森市松原2丁目1番2号
■ 電話 017−777−4567
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「もうひとつの日本美術史 近現代版画の名作2020」 | main | 秋の展示「詩歌とともにー棟方と文学」 >>
夏の展示の楽しみ方

気がついたらもう9月。

ねぶたのない夏、祭りのない夏、いかがお過ごしでしたか?

私は虫をとったり魚を釣ったり花を育てたり花火を見たり!

ゲームで夏を楽しみました(^O^)

しかしそんな内向きに楽しむ人ばかりだと経済も回りませんね…

というわけで皆さんぜひ記念館にお越しください(⌒▽⌒)

今のところ密の心配はなく、2倍3倍4倍以上来ても大丈夫です…

 

夏の展示看板

夏の展示「棟方志功、海を渡る。」

早いもので残り2週間ほどとなりました。

大展示室

今回の展示は2部構成になっています。

1 棟方作品、海を渡る。では、初めて海外の美術館に

買い上げられた作品や、国際展で評価された作品を展示。

2 棟方志功、海を渡る。では、昭和34年の初渡米からはじまり

棟方が海外各地を訪れたことで刺激を受け制作した作品やスケッチ、

環境の変化により挑戦した新たな技法を展示しています。

小展示室

国際展に出品して評価された作品と、海外を訪れ刺激を受け制作した作品では、画面に表出する想い、祈り、扱うモチーフなどで違いが見てとれると思います。

制作以外の仕事や生活で忙しい日本を離れた海外で

行きたかった場所、見たかったものに出合えて創作意欲を刺激されただろう海外作品は、志功さんの楽しそうな顔が浮かんできますよ。

海外スケッチ

今回初公開もある海外スケッチは、スケッチブックだけでなく

手帳の切り離しや飛行機の機内食のメニューに描かれたものまで。

スケッチを描いたときの状況や内容も書き込まれています。

今回の展示では、自伝『板極道』海外への旅の章から

対応する箇所を引用し添えているので一緒にお楽しみください。

 

大展示室

夏の展示「棟方志功、海を渡る。」

海外旅行に行けない、国内旅行も満足に行けない今、

志功さんの目線で回る欧米、インド旅行を記念館でどうぞ。