しこうかんblog ∞ わだばゴッホになるっ!

■ 所在地 〒030-0813 青森県青森市松原2丁目1番2号
■ 電話 017−777−4567
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【秋の展示】ここからはじまった−志功の原点・油絵
記念館裏のひまわり
先月、新聞で取り上げられた記念館裏のひまわりです。
2つの花がくっついたのか?奇妙な形をしていましたびっくり
珍しいこともあるものですねぇ。
夏の展示も残り1週間!!
次の展示では志功さんのひまわりがたくさん並びますよおてんき

秋の展示チラシ秋の展示チラシ

世界的に有名な板画家・棟方志功の出発点は油絵でした。
18歳の頃、雑誌に掲載されたゴッホの≪ひまわり≫に感銘を受け、
油絵画家になりたいと上京します。
版画を始めるようになってからも油絵を描くことはやめませんでした。

昭和7年、棟方は伊豆大島へ旅行しました。
暖かな島いっぱいの椿や竜舌蘭。
花では向日葵、葉モノでは竜舌蘭というくらいに好み、
好きな色ばかりを原色で使い夢中となってそれらを描いたそうです。
旅行から帰り「それまで暗かった絵が妙に明るくなった」と述べ、
「これからは、油絵は原色で混りっ気のないものを描こう」
と決意しました。
晩年、再び伊豆を訪れ、鮮やかな原色でのびのびと風景を描いています。

詩人・草野心平はこう綴りました。
「ゴッホにならうとして上京した貧乏青年はしかし。
ゴッホにはならずに。世界の。Munakataになった。」
秋の展示では、板画、倭画、書など棟方の多彩な芸業の中で、
一生涯楽しんだ油絵の初期から晩年までの作品を多数紹介します。

これまた珍しく油絵がメインの展示です。
油絵がメインの展示は平成21年以来、8年ぶり!
志功さんが使っていた大きなイーゼルやパレット、絵具、筆など
油絵道具も展示しますよアート
今回新たに額装して初公開となる、草野心平による詩の墨書
≪わだばゴッホになる≫にもご注目ください。
メインは油絵ですが板画や倭画も展示しています!
ぜひお越しくださいませ〜楽しい
命日のお墓参りと無料開館
9月13日。命日は雨が降ることが多いのですが今年は…
お墓
何とか晴れましたたらーっ

というのも朝は晴れて強いくらいの日差しおてんき
天気予報でも晴れだと言っていたし、今年は雨は降らない!
と移動を始めたら雨あめ 霊園に着くとザ――ッと降られ…
しかしそれ以降ふらず、青空ともくもくとした雲の下
ベートーベンの交響曲第9番を流しながら焼香いたしました。

涼しい毎日ですが日に焼けて腕時計の跡が残るくらいふぅ〜んの太陽の光おてんき
不盡の柵ブロンズ
墓石の後方にある≪不盡の柵≫は陰影がはっきり現れていました楽しい
今年も参列されたご遺族からお供え物に干し餅をいただきました。
ありがとうございます。

記念館では志功さんを偲んで無料開館日でした。
無料開館日
無料開館日
当館では毎年命日は無料開館しておりますので
皆さま来年もぜひお立ち寄りくださいませ。

「終わりも始まりもないですよ。世の中。大丈夫!永劫だ。」

この先もずっと、作品を多くの皆様にご覧いただけますようにニコニコ
「花物語〜暮しをよそおう〜」
弘前市立博物館にて、
企画展「花物語〜暮しをよそおう〜」が、
9月16日(土)〜11月12日(日)まで開催されます。

花物語〜暮しをよそおう〜

今年の春、弘前市に寄贈された
弘前市民会館緞帳の原画≪御鷹揚ゲノ妃々達々≫と同一構図の作品
≪揚鷹妃の柵≫を含む全4点が初めて一斉展示されます。

当館からは≪道標の柵≫を出品。
同じ板木から摺られたようで同じではない…
4点の作品を見比べられるなんて貴重な機会です見る
記念館でもぜひ展示させていただきたい…

9月16日(土)午後2時〜3時はオープニングイベントとして
ホールでギャラリートークが行われるそうです嬉しい
秋の季語「花野」にちなんで、
花を題材にした絵画、工芸などを紹介し、
人々がどのように花で暮らしを彩って来たかを紹介します。
弘前市立博物館webサイトより抜粋

展示の中で志功さんの板画がどう組まれているか楽しみですねもみじ

弘前市立博物館
2017年9月16日(土)〜11月12日(日)
企画展観覧料 一 般    280(210)円
       高校・大学生 140(100)円
       小・中学生   80(40)円
※( )内は20名以上の団体料金
開館時間 午前9時30分〜午後4時30分
休 館 日 9月19日(火)、10月16日(月)
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/hakubutsukan/
9月13日は命日&無料開館日
9月13日無料開館日です。

9月13日は棟方の命日ですので、
毎年棟方を偲び無料開館日となっています。

ぜひこの機会に展示をご覧になってくださいニコニコ
当館ではただいま
【夏の展示】自由な色彩・闊達な描写−倭画(やまとが)
開催中です。(9月24日まで)

また、当日は三内霊園に墓参りをしています。
ゴッホの墓を模した墓は棟方により「静眠碑」と名付けられました。
                (碑は玉偏にした創作文字)
静眠碑とは「静かに眠っている場所」という意味。
後ろには‘驚異モ 歓喜モ マシテ慈愛ヲ盡シ得ズ’と彫られた
≪不盡の柵≫を刻んだブロンズがはめ込まれ
棟方のことを支えつづけた妻チヤとともに静かに眠っています。
静眠碑
(写真は去年の命日のもの)

棟方が好きだった花、ヒマワリを供え
愛聴したベートーベンの交響曲第9番を流しながらの焼香。
お時間がございましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
ハマナス生長記録
ハマナスの実が熟してきましたラブ

ピンクの花が散って、
ハマナス
ミドリの実、オレンジと色づき、どんどん色が濃くなって…
ハマナス
ハマナス
ハマナス
今では深い赤色に透明感が出て宝石のよう指輪ぴかぴか
雨上がりは雫もキラキラと光りとっても綺麗でした楽しい

合浦浜 松原添えの砂丘に ふるさとの花  玫瑰の花

志功さんが“ふるさとの花”と詠んだハマナス。
ピンクの花も、赤い実も、庭園の中でひと際目立つ色となり
訪れた皆様を楽しませています。
ハマナス