しこうかんblog ∞ わだばゴッホになるっ!

■ 所在地 〒030-0813 青森県青森市松原2丁目1番2号
■ 電話 017−777−4567
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
山、からの山、いかがですか
今年から「山の日」が施行されましたね楽しい
棟方は「わたくしは山が好きだ。土が盛り上がっている山、
土、自体が好きな私は、あの塊に動きを感ずる」と言っています。
当館で現在行われている、夏の展示「富嶽頌」では
様々な富士山の姿を中心に、
棟方の心に残った山の風景などを展示しています日の出

さて、八甲田山中、酸ヶ湯温泉から徒歩5分ほどの所にある
地獄沼に行ってきました車おてんき
地獄沼
水面に映る空の輪郭が富士山のよう、いや、津軽富士(岩木山)??
棟方も八甲田には何度も登り、何度も描きました日の出
大好きな酸ヶ湯温泉を定宿に、
今回展示している≪八甲田連山図≫も制作していますアート

地獄沼から見える石碑
地獄沼のすぐ近くにある石碑。
山仙鹿内辰五郎頌碑
「山仙鹿内辰五郎頌碑」と刻まれています。
仙人と称された山の案内人、鹿内辰五郎をたたえ棟方が揮毫しました。
石碑の上部には、鹿内辰五郎が吹くと鷹がやってきたといわれる笛や、
バス到着時に出迎えて鳴らしたラッパなどが描かれています楽しい
棟方は鹿内辰五郎と八甲田大岳に登り、その途中、
両翼に見事な円い紋様を持つ鷹を見たことがきっかけで鷹に神性を感じ、
鷹をモチーフにした作品を数多く制作しています。
今回の展示にいる鷹は≪鷹巌図屏風≫、絵付陶器≪鷹図≫ですぴかぴか

実はこの石碑と地獄沼、≪八甲田連山図≫で描かれているんですひらめき
八甲田連山図
左の≪八甲田連山図(C)≫に描かれていますよ虫眼鏡
右の≪八甲田連山図(A)≫は八甲田、睡蓮沼を前景に描いています。
画像だと小さくて分からないので、ぜひ確かめに来てくださいねわーいるんるん
実際に八甲田に行き、酸ヶ湯温泉と地獄沼の位置関係が分かると
見つけやすいかもしれませんおはな

当館の展示と、コントラスト鮮やかな夏の八甲田、
実際に志功さんが訪れ、感じ、筆をとった風景を行き来して楽しむ
作品鑑賞がもっと面白くなると思いますよラッキームード
明日は8月2日!ということは・・・
青森ねぶた祭いよいよ始まりますね!!
志功さん、ネブタが始まりますよ〜てれちゃうぴかぴかムード

当館は9時開館です!!
そして8月は無休です!
ねぶた祭期間中は例年多くのお客様でにぎわいますおはな

夏の展示「富嶽頌」では
≪佞武多の柵≫≪金魚ネプタの柵≫が展示されていますおてんき
≪佞武多の柵≫はミニクリアファイルになっていますよ楽しい
≪佞武多の柵≫
216円

ロビーには志功さんが大好きなネブタで跳ねている写真も飾っていますぴかぴか
上映している映像「彫る」棟方志功の世界では
ねぶたのシーンもありますから、夜のねぶた観覧を前に
気分を盛り上げていかれてはどうでしょう日の出

ねぶたの運行開始は19時10分から!
17時閉館なので、ゆっくりと展示を御覧になったあとは、
ねぶたが見えるポイントを探して、おいしいものを買い、
食べながらちょっと一休みして、ねぶたが始まるまで
ワクワクドキドキの時間を過ごすのもいいですね!!モグモグるんるん

青森ねぶた祭は2日〜7日まで!
(最終日は昼間の運行+夜は花火大会と海上運行)
青森の短い夏を存分に楽しんでくださいねラブラブ晴れ

青森ねぶた祭、詳しくはこちら
明けましておめでとうございます!
明けましておめでとうございます かどまつ
本年もよろしくお願い申し上げます!!

当館は今年も元日より開館いたしました。
いつもの年よりは雪が少ないとはいえ、寒い中わざわざ当館に
足を運んでいただけるのは本当に嬉しい限りです
ぴかぴかポッ
1日〜3日まで開催した新春クジ引きもご好評いただけました!

昨年の開館40周年を無事に終え、41年目を迎える今年・・・
より一層、皆さまに楽しいでいただけるように職員一同新たな気持ちで
精進いたします!!


 
(c) .foto project
40年目の墓参
先日13日はムナカタの命日(1975年没)でした。
今年もムナカタが眠る三内霊園にて関係者による墓参を行いました。

快晴になることを祈っておりましたが、朝から雲行きが怪しく
三内霊園に向かう頃には雨が・・・
あめ
ですが、雨が降ることの多い命日ですので事前の雨対策はバッチリです!



墓前には大好きだったヒマワリなどの花々を供え、
ムナカタが愛聴したベートーベンの交響曲第9番を聴きがら
参列者の方々と焼香いたしました。
(取材の方々も雨天の中ありがとうございました!)

 

没後40年となる今年。
小雨が降る中ではありましたが、いつも以上にムナカタに想いを
馳せながらの墓参となりました。

また、13日は当館無料開館日でしたので、多くのお客様にご来館して
いただけました!
ありがとうございました
嬉しいぴかぴか

 
茶を楽しむ
ねぶたが過ぎたあたりから日が沈むのが急に早くなった気がします。
朝晩の気温も下がり、すっかり秋めいてきました!

そんな涼しくなり、温かいお茶がおいしい季節になってきた
青森に
ピッタリの 秋の展示「日々是好日−茶を楽しむ−」
開催中です ラッキー




今回は板画、倭画、油絵に加え、茶器を数多く展示しています。
棟方が絵付けしたものから愛蔵していたものまでこれほど多くの茶器を
展示する機会はあまりないので、是非ご覧いただきたいです。
展示室の雰囲気もいつもとは少し違って見えます
ウィンク



茶を楽しむことをテーマとした展示作品はどれも魅力的で楽しげです。
展示をご覧いただいた後は、普段何気なく過ごしているお茶の時間を
いつもより楽しんで過ごしていただけるのではないでしょうか?