しこうかんblog ∞ わだばゴッホになるっ!

■ 所在地 〒030-0813 青森県青森市松原2丁目1番2号
■ 電話 017−777−4567
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
モウッコ?
夏の展示では2つ
当館で初めて展示する作品があります!!
それがこちらの板画作品。

≪モウッコの面の柵≫

まずは右の作品から。

≪海のオルゴールの柵≫
作品全体に彫りこまれている詩は、詩人竹内てるよの詩です。
詩集『海のオルゴール/子に捧げる愛と詩』を出版する際に
表紙を飾るため制作されました。
2002年にスイスで開催された「国際児童図書評議会」
創立50周年記念大会で、美智子皇后が
スピーチの中で竹内てるよの代表作「頬」を引用したことから、
あらためて注目されるようになりましたかわいい

さて、もうひとつ、左の作品。

≪モウッコの面の柵≫(もうっこのつらのさく)
モウッコ?
何だか分かりますか?
津軽の子守唄に、「モウッコ(モッコ等)」という歌があります。
泣いてばかりいると山からモウッコが来るぞショック
寝ないと山からモウッコが来るぞしょんぼり
ということを津軽弁で歌ったものです。
モウッコとは、漠然とした怖いもの、恐ろしいもの
というような意味らしいです。
そんな怖いものに見えないひやひや かもしれませんが
こちら実は、棟方志功最大の板画≪大世界の柵-乾≫の一部を
抜き刷りしたものなんですひらめき鳥
板木72枚を使い、横幅約13メートルもある大作の左上に位置します。
裏彩色もされていないし、顔の向きも違います。
怖くないかも?と思われた≪モウッコの面の柵≫も、
大世界の柵で全身を見ると異なる印象にびっくりするかもしれません!
今回の展示では≪大世界の柵≫を展示していないので
ひとまず図録などの印刷物でご確認下さいわーい
番組で取り上げられた富士山、展示しています。
4日(月)19時〜放送の「Qさま!!3時間SP」ご覧になりましたか?
Q 富士山を描いたこの画家は誰?
という問題で棟方の作品が出ていましたね 楽しい 日の出
1枚目 ≪東海道棟方板画≫より「原:裾一文字の柵」
2枚目 ≪金富士の柵≫
3枚目 ≪東海道棟方板画≫より「由比:海工事の柵」でしたムード

3枚目の作品は、現在当館で行われている
夏の展示【富嶽頌】で見ることができますぴかぴか
ちょうど前回の記事で写真を載せていました拍手ラッキー
≪東海道棟方板画≫の写真真ん中が「由比:海工事の柵」です。
≪東海道棟方板画≫より「由比:海工事の柵」
画面中央下にある大きなテトラポットは、
棟方曰く“三つ股の異様なコンクリートの化け物”
その手前でスケッチをする棟方と、横には手伝うチヤ夫人。
制作にあたり、チヤ夫人は
東京〜大阪までの東海道、7回に及ぶスケッチ旅行に同行していますかわいい

当館にも全国津々浦々からお客様がいらっしゃいますが
皆様にとってよき思い出となりますようスタッフ一同努めてまいりますニコニコ
それでは、9月11日まで、棟方の描く多様な富士山をお楽しみ下さい富士山おてんき
夏の展示は“山”が盛りだくさん!
25、26日の東北六魂祭、2日間で27万人!!
激しい寒暖の差、強風、霧雨などの中!すごい人でした〜びっくり!!
のべ300万人が来場する青森ねぶた祭よりも運行エリアが狭い分
人の壁が厚く、ねぶたを体感している地元民でも疲れましたたらーっ
どの祭りも活気があって楽しかった〜!盛り上がりましたね楽しいムード!
運行エリアから近い当館でも盛り上がりました!
夏の展示【富嶽頌】は14日から始まっています!
志功さん、ネブタはもうすぐですよポッぴかぴか

富嶽頌 看板
富嶽頌 展示室
今回の展示は富士山に立山、八甲田に岩木山!
富士山だけでなく棟方の心に残った山の風景が多数富士山
中でも富士山は板画、倭画、油絵、リトグラフと
多様な表現の作品を展示していますが、
板画≪富嶽頌≫とリトグラフはアメリカ滞在中に制作したものです。
鎌倉にあるアトリエからは富士山を眺めることができますが、
(その庭から見える風景を描いた作品も展示していますぴかぴか
富士山は棟方にとっても美の象徴だったのでしょう。

東海道棟方板画
≪東海道棟方板画≫は全64点の中から
富士山の描かれているものを選んで展示しています日の出

さて、当館 7、8月は無休開館 いたします!
青森県内、7、8月は各地で夏祭りが行われます。
県内外から訪れた際はぜひ当館にもお越し下さいおてんき